ワットモーイ  オランダのフラワーアレンジメント教室

watmooi87.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 04月 27日 ( 1 )


2018年 04月 27日

朝いち行ったのは病院。

刺繍の教室をお休みして朝いち行ったのは病院。
2か月ほど前から左手首に小さなしこりがあるのに気づきましたが、
痛くもないので様子を見ていたのですが、だんだん大きくなり、
1週間ほど前から少しじんわりと痛みも感じるようになってきました。
近所の医院で紹介状を書いていただき、
今日の予約で行ってまいりました。

ガングリオン、
初めて聞いたのですが関節など、
特に手首とかによくできるそうです。

「心配はないですが、
注射針を刺して内容物を出しましょう、」
と言われましたが、
針が怖いワタクシ。
迷いましたが、
痛みが出てきてたのと少しずつ大きくなってきたのが気になっていたので、
思い切ってお願いしました。
「少し痛いですよ〜、
手を動かさないでくださいね、」

ウッ、イターーッ!

「見てください、」
と言われこわごわ手首の方を見ると
透明のゼリーのようなものが⁉️

その後もじんわりと痛みはありましたが
今はもうだいじょうぶ。

針を刺すのが怖いのにはちょっとわけがあるのです。





30年近く前、
半日ドックの胸の触診でひっかかり(自分では何もないと感じていたのですが)、
「穿刺しますね」と言ってきれいな女医さんが横になった私の胸に針を刺されました。
なんだかドンとした衝撃と強い痛みに
「すごく痛いのですが」と訴えましたが
「針を刺したのですからね」と言われ、
ズシーン、と痛いまま会計をしてタクシーと電車で家に帰りました。
その頃ピアノのお稽古をしていたのですが、
あとお二人の生徒さんはどうしても無理、とお断り、
眠れないまま朝を迎えました。

コンコンと咳は出るし、
息苦しくて、

朝ご近所の病院で診てもらったところ、
レントゲンを撮られ、
すぐに「その検査が原因ですね」と言われ友人に送ってもらって検査をした病院へ。
外来で待たされ、
診察を受けても「原因は調べてみないと分からない、」なんて言われそのまま入院。
局部麻酔で手術をされ、
毎日レントゲン撮影。
ある日、レントゲン技師が
「何をしたんや?」と聞かれるので
「穿刺をしたら肺に穴が開いたみたいです」と答えると
「胸薄いんか」なんて酷いことを言われました。

とまあひどくて悲しい経験があって、
検査嫌い、
針の怖い、
ワタクシです。



とても長くなりましたが、
病院から乗ったバスを最寄り駅で降りると

f0155431_21193693.jpg

f0155431_21193828.jpg

f0155431_21194164.jpg

f0155431_21194419.jpg

f0155431_21195242.jpg

f0155431_21211352.jpg

f0155431_21211642.jpg

f0155431_21212033.jpg

美しい緑の木ときれいにガーデニングされた可愛いお花たちにとっても癒され
しばし見とれてしまいました。



あれから何年経ったのでしょう❓
元気だけが取り柄のワタクシも
あちこちガタついてきました。

今夜もお料理作れてよかったわ。

f0155431_21302690.jpg

f0155431_21302959.jpg

f0155431_21303205.jpg

f0155431_21303595.jpg

お豆腐のサラダ、ブログのお友達tadさんにコメントで教えていただきさっそく作りました。
以外な組み合わせでしたが、とても美味しくいただきました。





↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

by watmooi | 2018-04-27 20:28 | Comments(9)