ワットモーイ  オランダのフラワーアレンジメント教室

watmooi87.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 09月 29日 ( 1 )


2009年 09月 29日

ササゲを使って

「ササゲ」というのはササゲ豆といって、お赤飯に使うのはこのお豆だそうです。
でもきょうはお料理ではなく、お花のレッスンで、花材としてササゲを使いました。
昨日、京都の錦にあるお花屋さんで見つけ、
いちばん最初に決めたのがこのササゲです。


f0155431_2243732.jpg

f0155431_225183.jpg

f0155431_22112359.jpg

f0155431_226954.jpg


f0155431_227247.jpg


ゴールドの四角いフレームにササゲをワイヤーで留め、
秋アジサイ、フウセントウワタ、バラ(トレゾア)、ノバラの実などを入れました。
ササゲの莢にはそれぞれ、アジサイの花びら、ノバラの実などが
グルーで留め付けてあり、
莢が揺れると、いちだんとかわいさの増すブーケです。

写真一番下は私の作品で、
会場をお借りしているホテルの受付に置かせてもらってきました。
照明の下で、少々大人っぽい雰囲気です。

※ササゲ(vigna unguiculata ビグナ ウンギィクラタ)
エチオピア原産、cowpea(カウピー)ともいう。
若い莢は茹でて胡麻和えにしたり、煮物などに。
熟した実はお豆として小豆のように調理。

by watmooi | 2009-09-29 22:08 | Comments(0)