ワットモーイ  オランダのフラワーアレンジメント教室

watmooi87.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 16日

4月29日(火) チューリップが咲き誇るキューケンホフ公園へ。

早めの朝食。ホテルのオーナーは、ゆで卵を肩から出したりする手品をして、私たちを喜ばせる。 二歳の息子はかわいい。(眠そうで不機嫌そうな顔) カップヌードルをお箸と一緒に置いてくれている。 9時までにキューケンホフ公園に到着。 朝早めについたおかげで、人はまだ少ない。 チューリップのネクタイをした門番のおじいちゃんと記念写真。 やっぱりチューリップの季節のキューケンホフには来ておくべき、と思うほど美しい。 朝のうちは寒く、曇っていた空もお昼に近づくほど、晴れわたってきた。 金谷氏は「一人にしてあげなきゃ」というマルガリータの心遣いもあって、きっといいチューリップの写真を撮影できてそう。
f0155431_17265293.jpg

10時半、キューケンホフの真ん中にあるティーショップで、お茶とケーキを楽しむ。  12時半に入ってきたゲートのところで、再び待ち合わせ。 迷子になってしまうほど、人が増えている。 世界中からここに来ている人たちかもしれない。 人はみんな花とか自然が好きで、戦争なんかは誰も望んでいないはず。 美しい森と花、そしてきれいな湖と海、憎み合わない人たちで地球を守ることができればいいのに。 それでなくとも人は悩み、病み、死と対面しなければならない苦しみがあるのだから。
f0155431_17271956.jpg

タクシーにてライデン市内へ。 レストランで昼食。 カーラ、ツルディが一緒に参加。 パンネクーケン、スープ(オニオン or マスタード・・・マスタードスープは初めて、かなり美味)、サラダ、パンなど、とてもおいしかった。

そのあとツルディーにスーパーマーケットへ連れて行ってもらい、アップルストロープ(黒いりんごジャム)、紅茶、コーヒー、ポケモンのお菓子などを買い、ホテルへ。 郵便局が17時半までなので、買ったものや重すぎるものを箱に詰めて送ることにする。 どこで用意してくれたのか体重計があり、自分だけが乗り、箱を持って乗り、と何回もくりかえし、安く送れるよう何回も箱の中身を入れ替える。 カーラさんは落ち着いて私にどちらが安いか説明をし、汗をかいてパッキンを手伝ってくれ、ふたつの箱を1個ずつ持って17時 20分に郵便局へ。 「箱にアドレスと名前を書いてない」と言われまた焦ってしまう。 帰りに花の切手を娘をおみやげに買う。 カーラさんのおかげで無事荷物を出せ、ほっとした。

by watmooi | 2007-10-16 17:31 | ドイツ・オランダ花旅行 | Comments(0)


<< 12月21日東京      ミッシェル・バカールのレッスン >>