ワットモーイ  オランダのフラワーアレンジメント教室

watmooi87.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 15日

4月21日(月) 午後15時 チューリッヒに到着。 雨。2

オレンジ色のリボンをつけた6個のトランクと3個のお土産用炊飯器とをカートに載せ、いとも簡単に税関を通過。 トランクが出てくるまで、お迎えのマルガリータ(日本在住のオランダ人で私の友人、一足先にドイツへ行ってツアーの準備をしてくれていた))が見えないので、彼女の携帯に電話してみる。 ミイケ(マルガリータの夫・シェフケ・ダンカースのお姉さん)らしき人の声が聞こえる。 「 Where is Margrieta ? 」と聞くと、「今空港にいるから、Don’t worry」をくりかえす。あたりを見回すと、綺麗にメイクアップしたマルガリータがガラスの向こうで手を振っていた。 「ようこそ、お疲れさまでした」となつかしい笑顔。

f0155431_16213814.jpg
ドイツ南部にある街シュトリンゲンまでは小さなバスで40分。 「なんて可愛い!」と思わず叫んでしまうホテル「リブストック」の前に下車すると、奥さんのクリスティーナさんが彼女の仕事着でもある民族衣装を着て、笑顔で迎えてくれる。 それぞれのキーをもらい中へ入ると、素敵な窓とベッドがあるとても可愛いお部屋。 ここで4泊とはなんて幸せ! 
・・・という私はもっと幸せ!!  なんとマルガリータの家の客室に泊めてもらえる。 ホテルから歩いて1分のところにあるマルガリータの家へ案内してもらう。 ムスカリと卵を使ったマルガリータのアレンジが迎えてくれる。 入った玄関には私がプレゼントしたドライフラワーのアレンジ。 もうひとつの窓には、娘が作ったアレンジも置いてある。 これがマルガリータの話にいっぱい出てきた、「ドイツの私の家」なんだ。 なんて素敵!!

by watmooi | 2007-10-15 16:22 | ドイツ・オランダ花旅行 | Comments(0)


<< 4月22日(火) ドイツ南部の...      4月21日(月) 午後15時 ... >>