ワットモーイ  オランダのフラワーアレンジメント教室

watmooi87.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 26日

テーブルコーディネーション〜夏のグラスアレンジ

今日は京都で
オランダから帰省中のスニ先生のレッスンでした。

先ずはスライドでグラスウェアの歴史、
ガラスの種類、
グラスの選び方など
とても詳しく興味深いレクチャーを。



次にガラスのシリンダーを使ったアレンジの制作。


f0155431_22062114.jpg




そして出来上がったアレンジを持ってお隣のカフェに移動すると、
実際に
テーブルクロス、
さまざまなグラスウェア、
カトラリー、
ナプキンなどでテーブルコーディネーションをお見せくださいました。




f0155431_22062252.jpg




f0155431_22062329.jpg




f0155431_22062346.jpg




f0155431_22062401.jpg




f0155431_22062540.jpg



日本で手に入れられたもの、
オランダで買われたものなど
とても上手く組み合わせ、
家庭でも出来るコーディネートを教えていただきました。

中でもリーデル社製の赤ワイン用のグラスや、
イッタラのグラスウェアはとても美しく、
キラキラと輝いて、
見ているだけでうっとりとした気分に。

でもでもたとえ持てたとしてもきっともったいなくて使えないわ〜と想像していたのでした(笑)。




すべてのレクチャー、レッスンを終えると
お楽しみのティータイム


f0155431_22062551.jpg


ちょっと食べ過ぎたかしら?


Glassの語源
英語、オランダ語では
「きらきらと輝く」と教えていただきました。


とてもむし暑い真夏の京都でのいち日、
Glassのように参加者の目が輝いていました。
素晴らしいレクチャーとレッスン、ありがとうございました。

スニ先生はオランダでテーブルコーディネーションの教室「cija」シージャを主宰されています。






↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

by watmooi | 2017-07-26 20:56 | レッスンのお花 | Comments(2)
Commented by tad64 at 2017-07-27 10:12
Glassの語源は「きらきらと輝く」ですか、なるほどとうなずきました。サングラスなどにも通じるところがありますよね・・・

<でもでもたとえ持てたとしてもきっともったいなくて使えないわ〜と想像していたのでした(笑)。>
全く仰るとおりです。フランクフルト在住時、妻がどうしても欲しいと、マイセンとロイヤルコペンハーゲンを一式、しかも自分の背丈以上の高さの陳列ケースごと買い求めたのですが、買って以来まだ一度も使わせてもらえません。(泣)
そう言う私も現地でライカカメラ買っちゃって、帰国後はデジタルカメラに変わったので現在は棚の中で居座ったままですが。
お互い好きなことには干渉しないことで・・・
Commented by watmooi at 2017-07-27 22:53
tad64さん

すごいです!!
マイセン!?
ロイヤルコペンハーゲン!?
揃ってるとますます使えなくなりそうです。

ライカ!?
こちらもすごいと思います。

持ってるっていうだけで満足なのかもしれませんね。





<< アレンジ三昧      楽しい日  だったのですが、 >>